しんぷるクロニクルのTwitterでは書ききれないカスタムキャストの事と後日談…

株式会社ドワンゴから配信されているスマートフォン向けアプリ「カスタムキャスト」でFate/EXTRAシリーズやFate/Grand Orderのキャラクター(サーヴァント)である「エリザベート・バートリー」を再現したキャラクターを投稿したところ、カスタムキャスト公式アカウントからリツイートされたので“もしかしたら才能があるかも”という勘違い?からブログを始めました。

【Part.2】まずはカスタムキャストで作成したエリザベート・バートリーとそれまでの経緯について/Part.2

前回のPart.1に引き続き、現在までの「カスタムキャスト」の経緯になります。

 

simple-96296.hatenablog.com

 

全体の投稿としては時系列が多少違います。

できるだけ見やすいようにジャンル別に…という気持ちからなのでご了承ください。

 

今回のカスタムキャストのエピソードは「チェインクロニクル」の編です。

チェインクロニクルとはSEGAが配信しているスマートフォン向けゲームアプリ。

2018年7月26日に5周年を迎えたスマホゲームの中だと長寿になる作品です。

アニメ映画化・アニメ化・コミカライズ・ノベライズなども…

 

チェインクロニクルのメインキャラクターデザインはFate/Grand Orderだと第2部第3章「人智統合真国SIN」に登場予定の『芥ヒナコ』をデザインしている「toi8」先生。

FGOの概念礼装も描いています。

 

他にもチェンクロ主要キャラクターである「リリス」や「テレサ」をデザインしているのはFateシリーズではネロ・クラウディウスを筆頭に数々のサーヴァントを担当している「ワダアルコ」先生。

 

と…前置きが長くなったので本題へ

 

カスタムキャストを知るキッカケになったチェインクロニクルで最初に作成したのは「ゾーイ」

 

https://pbs.twimg.com/media/Do8EqDcVsAA6v0q.jpg

 

この「ゾーイ」というキャラクターは第2部の「罪の大陸篇」で初登場。

このキャラクターをカスタムキャストで作成する場合、"罪”という言葉の通り悪童という感じが出せるか!?が大切になります。

 

結論から言うと全体的にダメですね。

顔がポチャッとしている。

悪そうな口の部分が再現できていない(現時点では再現する手段もありませんが…)

実装がされていないタイプの服装やパーツが多いのでチェンクロのキャラで最初にゾーイを作成しようとした時点で無理がありました。

 

及第点かな?と思う部分は一番の特徴である黒目。

 

黒目の中心の赤いところをどう再現するかで印象がかなり変わります。

今見た感想でも目に関してはそこまで悪くはありません。

赤い部分を多くして三白眼ではなく四白眼にした方が良かったかも…

 

この「ゾーイ」を作成したことで目の大まかな調整について学びました。

難しいキャラクターへの挑戦でしたが、今後のことを考えると悪くない経験でした。

 

続いてのカスタムキャストで作成したキャラクターは「アンジェリカ」

 

https://pbs.twimg.com/media/Do-dPjjU8AAlA0Y.jpg

初期から実装されているキャラクターでアサシンギルドに所属しています。

 アサシンなので全身黒という服装。

 

作成前からの根本的な問題点はダークな感じの服装がカスタムキャストで実装されていないことですね。

浴衣バージョンがあるキャラクターなのでメイドで大丈夫だろう…という理由で作成しました。

 

通常バージョンのアンジェリカは大きい三つ編みのような感じの髪型なので現時点では再現が難しいのですが、浴衣バージョンの髪型を採用すると既存のパーツで可能になるので良い選択でした。

 

髪色は暗い紫だけど淡い部分もあるという部分が再現できていません。

アニメ版だとグラデーションが少ないので問題ありませんが今なら納得していない…

 

目に関しては「ゾーイ」の反省点が修正できていて良い感じだと思います。

表情も穏やかに冷たく見下した感じが出てGood!!

 

このアンジェリカから軌道に乗った気がします。

 

今回はここまでですが、経緯についてはまだあります。

続きはPart.3で…

 

 

simple-96296.hatenablog.com